相続対策の実例紹介

相続対策の実例紹介 一口に相続対策といっても税金対策だけでなく、そもそもどのように遺産を争いなく円滑に分けるかという、遺産分割自体を行うための対策が一番重要です。
また、時系列にも対策は分かれてきます。
今後5年~10年を見据えてか、なるべく早く即効性のあるものか、すでに相続が起きている中で行うのか、など様々なケースが考えられます。
状況に応じて取れる対策は様々ですが、『対策のメリット・デメリット(リスク)』が多かれ少なかれどうしてもあります。

まず、一番ポピュラーな暦年の非課税枠110万円を活用した贈与でも資金流出のデメリット・税務上のリスクがあります。
単純な現金・預金の贈与でも適切なやり方があります。
しかしながら、人により、状況によりで、ケースは様々です。
それを踏まえ適切なサポートと提案が出来るかが、必要な専門家像と当事務所では考えています。

そのためには『適切な知識を持っていること+経験+最新の情報を得ている事』に加え『十分なヒアリングを行い、決めつけでなく柔軟かつ円滑に対応すること』も重視してサポートを行っています。
また、当事務所では守秘義務に関しても遵守(厳守)しており、お約束しています。

あくまで、個別事例ですので具体的な対策をとられたい場合は、専門家に相談の上、行うことをお勧めします。 (適切な専門家かは会って相談して、実際に対応を見ないとなかなか判断できないものです。)

相続対策の事例

下記の対策例は、当事務所で過去に対応した提案やサポート内容になります。資料や具体的な内容に関しましては、今後リンクで少しずつ追加予定ですが、お急ぎの方は初回無料相談(要予約)もございますのでご連絡ください。(申し訳ありませんが、お電話のみでの対応はしておりません。)

相続自体の対策

遺言書の活用
    資料)遺産分割の種類とやり方

信託制度の活用
    資料)信託制度とは

成年後見人制度の利用
    資料)成年後見とは

税金対策

事前対策編

預貯金の暦年贈与による資産移転
    資料)10年間で1,000万円の相続税減

非課税財産の活用
    資料)お墓は非課税って聞いたのに、、、知っておきたい知識

教育資金の非課税枠を活用した贈与
    資料)すぐにできるメリットとデメリット

住宅取得資金の非課税枠を活用した贈与について
    資料)31年まで延長(Q&A)

相続時精算課税の住宅取得資金枠を活用した贈与
    資料)相続時精算課税のメリット・デメリット・活用法

配偶者への居住用財産を贈与することによる特例の非課税枠を活用した資産移転
    資料)実際にやろうと思うといろいろ迷う、、、

オーナー経営者がもつ同族会社の株式評価対策
    株価対策による評価減 退職金活用
    資料)何でこんなに高い評価なの?
    黄金株や持株会の制度を活用した対策
    資料)やってみて思う事は、もっと前からやってもよかった・・・

オーナー経営者が持つ同族会社への貸付金の相続対策
    資料)いつのまにやらどうしたら・・・

生命保険の活用
    非課税枠の活用
    生命保険商品及び契約の仕方の活用
    資料)こんな商品・やり方もあるなんて教えてくれなかった、、、

不動産管理法人の活用
    不動産管理会社を使った土地・建物の評価対策及び所得税対策
    資料)昔っからのうちの土地!え、そんなに・・・?どうしよう、、、

不動産の活用
    空いている土地を活用した賃貸アパート経営による評価対策
    金融機関を使っての賃貸アパートの建築
    資料)そういや良く聞く落とし穴、、、

    現預金から不動産共同事業への資産の組み換え
    資料)今時の情報は知らなければこんなに違う

相続発生後の対策編

遺産分割の割合を工夫した納税額の対策
    資料)分割の仕方でこんなに変わる

小規模宅地による評価減の活用
    資料)良く聞く制度だけど、状況が大事です

広大地の評価減の適用
    資料)知らない人は見逃します

配偶者の税額軽減の活用
    資料)横にはかからない、2次相続も考える

2次相続対策を含めたトータルの相続税を考えた節税プラン作成
    資料)目の前のタダは意外と高い

納税の際の対策編

事業承継税制を活用した納税猶予
    資料)使いづらかった制度、少しは使いやすくなった・・・?

農地の納税猶予制度の活用
    資料)猶予してもらうのはいいけど、意外と面倒・・・